アルミニウム関連
事例2

ビレットの熱処理工程管理

対象物 ビレット
対象物温度 常温貼り付け後大気下550℃×十数時間熱処理
採用商品
お客様のご要望

・製品のID管理
・工程削減、異材撲滅


これまでの管理手法

視認文字打刻による目視確認・ビレット鋳造後→熱処理 約600℃で十数時間→目視にて照合→次工程

問題点

  • 熱処理のたびに刻印が必要
  • 刻印の読み間違い(ヒューマンエラー)により異材が発生

ヒートプルーフによるソリューション

採用の決め手!
熱処理工程で途切れることのないID管理が可能
ヒューマンエラーの削減
異材撲滅
サビレット鋳造後→熱処理 約600℃で十数時間→スキャナーにて照合→異材発生することなく次工程及び出荷