鉄鋼関連
事例3

高温ビレットへの自動ロボットラベラーによる
耐熱ラベルの直接貼り付け

図:高温ビレットへの自動ロボットラベラーによる耐熱ラベルの直接貼り付け
対象物 ビレット
対象物温度 750℃
採用商品
お客様のご要望

・鉄鋼製品のID管理
・異材撲滅


これまでの管理手法

視認文字打刻による目視確認

図:視認文字打刻による目視確認

問題点

  • 打刻された視認文字のOCR読み取りエラー
  • 異材発生
図:打刻された視認文字のOCR読み取りエラー・異材発生

ヒートプルーフによるソリューション

採用の決め手!
ID管理を可能にする
鋳造直後の高温時にラベルを貼り付けるため、異材が発生しない。
耐熱ラベル自体は錆の発生もないため、視認性も確保可能
異材撲滅
図:異材撲滅