耐熱バーコードラベル「トピックス」耐熱バーコードラベル「ヒートプルーフ」についての様々な話題をお伝えしていくブログです。

銅チューブ熱処理管理2016-01-06

銅チューブ熱処理管理用バーコードラベル

 

トルコの大手銅製造会社にて、チューブの熱処理工程管理用にHP-350Nが採用されます。

熱処理条件は560℃×72分、雰囲気は無酸素下です。

熱処理後もラベルには全くダメージがなく、バーコード管理を実施したいお客様の要望に合致しました。

このように、熱処理工程のIDコード管理への要望は、先進国、新興国を問わずに高まっています。

当社HEATPROOFは、熱転写プリンタを利用した現場発行が可能で、初期導入費用もリーズナブルです。

熱のかかる工程の管理でお困りの際は是非お問い合わせください。

 

続きを見る

鍛造品の熱間管理及び熱処理管理での採用事例2016-01-06

【鍛造品の熱間管理及び熱処理管理】

 

国内鍛造品製造会社にて、製造途中の熱間鍛造品管理並びに熱処理工程管理で採用頂きました。

耐熱タグHP-L90(耐熱性1,200℃)のネイルガン取り付け方式によるQRコードでのバーコード管理です。

耐熱タグ取り付け時の温度は室温~800℃までと幅広く様々な鋼材が対象となっております。

熱処理条件は1,000℃を超え処理時間も長く、雰囲気は大気下

です。

熱間取り付け後、熱処理後も耐熱タグに付与した視認文字、バーコードの読み取りができた

ことで、製品管理、工程管理を可能としたことが採用の決め手となりました。

         <耐熱タグのネイルガン取り付けイメージ>

以下URLからも耐熱タグのネイルガン取り付けイメージをご確認頂けます。

http://www.heatproof.jp/case_steel_05

 

ネイルガンについてはこちら

 

このように、熱処理工程のIDコード管理のご要望は年々高まっております。

当社HEATPROOFは、熱転写プリンタを利用した現場発行が可能で、初期導入費用もリーズナブルです。

熱のかかる工程の管理でお困りの際は是非お問い合わせください。

 

続きを見る

耐熱ラベルを用いた金型管理について2016-01-05

【耐熱ラベルを用いた金型管理について】

 

昨今、金型製造メーカーではなく、金型を使用されて商品を製造されているメーカー様より

金型の管理(◆個体情報 ◆金型仕様情報 ◆使用開始日時 ◆使用履歴  など)で

引き合いを頂くケースが多くなっております。 

特に大手メーカー様からの引き合いが多く、所有されている金型を委託し製造されている

場合、資産管理として活用頂いております。

 

弊社耐熱ラベル/タグは、必要情報を熱転写プリンターで視認文字、バーコードを簡単に

付与でき、金型に取り付けたまま製造工程や洗浄工程等に通して頂けますので、

金型自体のID管理にご使用頂けます。

 

ますます、トレーサビリティの強化は必須となる中で、金型を使用されて商品を製造されている

メーカー様の管理でのご使用はもちろんですが、金型を製造されているメーカー様の他社メーカー

との差別化(視認文字やバーコード管理を納入時から付与)を図るアイテムとして認知頂ければと

考えております。

 

金型管理に限らず、高温工程管理でお困りの際は、是非当社にご相談ください。

 

 

続きを見る

新商品導入情報 HP-L852015-11-20

新商品導入情報 HP-L85

 

イタリアの鉄鋼メーカーAcciaierie Venete にて熱間のブルームにHEATPROOFタグの自動取付が開始されました。

適用されるタグはHP-L85になります。HP-L85は当社耐熱タグHP-L80の派生品です。

基材(ステンレス)の両面に無機塗工を施しているHP-L80に対して、HP-L85は片面のみを塗工しております。

この商品は、Acciaierie Veneteで適用された自動スポット溶接機に対応するために新たに設定しました。

通常、スポット溶接を行うためには両面に未塗装部分を設けて、通電性を確保する必要があります。

HP-L80に使用している無機コーティングは通電性がないため、片面のみ未塗装にしても不十分なのですが、

現地の設備メーカーとの取り組みでこの問題を克服することに成功いたしました。

 

 

鋼材の熱間からのID管理は、このように世界中に広がってきております。

国内の鉄鋼メーカー様におかれましても、熱間のID(バーコード)管理にご興味をお持ちの方は、

実績が豊富なYSテックへご連絡ください。商品、設備を含めてご提案をさせて戴きます。

 

 

続きを見る

韓国大手製鉄会社でのHP-L80導入2015-11-20

韓国大手製鉄会社 特殊鋼工場でのHP-L80導入

 

韓国大手製鉄会社の新設特殊鋼工場内で、熱間ブルームへのHP-L80取付が導入されます。

タグの取付は、HILTIガンを搭載した自動ネイリングマシーンにて行われます。

本工場で製造される特殊鋼は、自動車や航空機などの部品として使用されるため、

徹底したトレーサビリティーが要求されます。

そのため、ブルームが鋳造された直後の熱い状態でIDコード(QRコード)を付与し、

その後の個体識別で間違いが発生することなく、スムーズに履歴を追えるように

することが導入の目的です。

前回のトピックスでも申し上げましたが、トレーサビリティー強化への要求は

今後も国内外問わずに大きくなっていくことは間違いありません。

高温でのラベル/タグの取付、熱処理工程の管理等、高温工程のID管理について

お困りの際は、是非当社にご相談ください。

 

 

続きを見る

新商品情報HP-PC102015-10-30

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-PC10】

 

昨今環境問題が取り沙汰され、塗装方法も有機溶剤を使用する溶剤型から環境に

配慮した粉体型へ移行しております。

ただ、粉体塗装は溶剤塗装と比べ、塗装後成膜させるため高い温度(約250℃程度)

で焼き付ける必要があります。

 

これまで溶剤塗装の焼付(約170℃程度)では一般的はPET基材のタグを用いられる

ケースが多かったのですが、これでは粉体塗装の焼付工程の温度に持ちません。

今回ご紹介させて頂く耐熱タグ【HP-PC10】はフィルム系の中では高い耐熱性を

有するポリイミドを採用し、特殊コーティングを施し耐熱性はもちろんのこと、

熱転写プリンターで容易に必要情報(視認文字、バーコード等)を付与できる

設計になっております。

 

また、塗装の前工程である、脱脂、酸処理等にも耐性がございますので、塗装

工程の一貫管理にご使用頂けます。

 

導入イメージ、使用方法はこちら(耐熱タグ導入前導入後)を参照ください。

 

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

 

続きを見る

新商品情報HP-3602015-09-30

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-360】

 

常温~400℃で貼り付けて約600℃までの耐熱性を有する新商品です。

 

同様の温度帯をカバーする商品としてHP-350Nがございますが、

HP-350Nと比較して、高温域(500℃以上)での付着性がより向上しております。

 

様々な製品の熱処理工程管理にご使用いただけますが、550℃以上で長時間加熱される、

アルミ製品のホモジナイジング工程の管理には、特に効果を発揮いたします。

熱処理後も高い付着を有する設計になっておりますので、鉄鋼製品をはじめ、

 

当社標準品同様、熱転写プリンタでの現場発行にも対応しております。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

今後、具体的な導入事例やご使用方法についても紹介して参ります。

以上、よろしくお願いいたします。

 

続きを見る

新商品情報HP-800C2015-09-10

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-800C】

 

常温で貼り付けて約900℃までの耐熱性を有する新商品です。

熱処理後も高い付着を有する設計になっておりますので、鉄鋼製品をはじめ、

金属鋳造品や強化ガラスの製造工程など、様々な熱処理工程における個別の

ID管理を可能する耐熱ラベルです。

 

当社標準品同様、熱転写プリンタでの現場発行にも対応しております。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

今後、具体的な導入事例やご使用方法についても紹介して参ります。

以上、よろしくお願いいたします。

 

続きを見る

強化ガラス製造工程管理用ラベル2015-09-09

強化ガラスを製造する際には、通常以下の2種類の方法があります。

①イオン交換法:ガラス中のNa(ナトリウム)とK(カリウム)のイオン交換を行うことで強化する方法

②風冷強化法:ガラスを650~700℃まで加熱し、空気で急激に冷やすことで強化する方法

 

強化ガラスは通常のガラスに比較して高価で、製造工程も厳しく管理されます。

そのためにはQRコートやバーコードを使用して、個別に管理できることが一番適した方法となります。

②の風冷強化法では650℃~700℃という非常な高温に熱せらますが、当社のヒートプルーフであれば、

ラベルを加熱前に貼り付けた後、そのまま加熱工程に通してもバーコードやQRコードが消えることがありません。

粘着剤も特殊なシリコーン材料を使用していますので、付着性も問題ありません。

(通常のシールに使用される糊であれば焦げてラベルが落ちてしまいます。)

 

もし、強化ガラスの製造工程(特に風冷強化法)のID管理を検討されている場合は、是非当社へご相談ください。

既に海外においても評価され、使用上問題ないことが確認されています。

続きを見る

耐熱ラベル 商品紹介 HP-1602015-08-10

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-160】

 

常温で貼り付けて300℃までの耐熱性を有する新商品です。

本商品は基材にアルミニウム箔、また粘着剤に強粘タイプの粘着剤を採用しております。

初期付着力は弊社商品の中でも最も高く、様々な対象物へ貼り付けが可能です。

◆ 対象物をほとんど選びません!

  鉄鋼製品等の凹凸のある対象物や貼り付けにくい対象物にも追随し、強固に貼りつきます。

◆ 繰り返しの熱処理工程に最適!

  サイクル使用への耐性も付与しておりますので、金型をはじめとする繰り返し処理される治具管理等にご使用

  頂けます。

◆ 各種熱処理工程管理、製品管理

  アルミニウムの熱処理(時効処理等)など300℃までの様々な製品、工程にお役立て頂いております。

◆ 情報の付与

  市販の熱転写プリンターで必要情報(視認文字やバーコード等)を印字することが出来ます。

これまで管理できなかった各種熱処理等のID管理にご使用頂いております。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

 

PDFはこちら

 

続きを見る

インドでのヒートプルーフ採用状況2015-08-07

昨年TATA Jamshedpur HSMラインの導入されて後、インド国内の大手鉄鋼メーカーからヒートプルーフを使用したソリューションに注目が集まっています。

ホットコイルに熱間でラベルを貼り付けることで、多くのメリットが得られることに理解を戴いています。

◆熱延直後に必要情報を付与できるので、重量、ロットNo、最終顧客情報などを取り違えることがない。

◆コイルの降温を待って出荷用ラベルを貼り付け必要がなくなり、人件費と危険作業を削減でき、且つリードタイムの短縮も可能。

◆厳しくトレーサビリティーを管理することにより、自動車メーカー等高級鋼板を使用するユーザーからの信頼性向上。

上記の理由から現在導入に向けた作業に本格的に取り組んでいただいているお客様が数社いらっしゃいます。

下記、インド鉄鋼メーカーで撮影した写真の一部とビデオの紹介です。ご参照ください。

        

https://www.youtube.com/watch?v=PfpqfFJn8po&feature=youtu.be

 

 

続きを見る

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-CBR CX2】_2015-07-10

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-CBR CX2】

 

金属、セラミック、ガラス等の表面に室温で貼り付け後、1,200℃の熱処理管理にご使用頂けるバーコードラベルです。

熱転写プリンターで印字した情報は熱処理後も消失することなく、視認文字、バーコードの読み取りが可能です。

一旦熱処理されるとラベルは強固に対象物へ固着され、ヒートショックや擦過性など優れた性能が発言されます。

 

◆ 情報の付与

  市販の熱転写プリンターで必要情報(視認文字やバーコード等)を容易に印字することが出来ます。

 

これまで手書き等で管理されていた高温製品をバーコード管理が可能になります。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

  

 

PDFはこちら

続きを見る

METEC訪問2015-06-29

6月16日~20日にドイツ デュッセルドルフにて開催された世界最大の鉄鋼展示会METECへ参加いたしました。

YSテックとしては、協力会社のブース内にてヒートプルーフの紹介をいたしました。

ご訪問いただいた方々には、この場を借りてお礼申し上げます。

METECショーは4年に一度しか開催されないということもあり、EUを中心とした大手の鉄鋼及び関連設備メーカーが多く出そろっておりました。

開催場所がドイツということもあり出展はEUを拠点とする企業でしたが、中国、インドからの出展も目立ちました。

また、当社同様に鋼材を熱間からIDコードを用いて管理する手法を展示している企業も多く、トレーサビリティ強化の流れを強く感じました。

こうした企業では、基本的にはレーザー刻印を何らかの形で用いる手法がほとんどで、

当社のような熱転写プリンタを用いた耐熱ラベルやタグを用いたものは見当たりませんでした。

レーザー刻印にももちろんメリットはあるのですが、屋外暴露性に劣るケースや、タグをネイルで打ち込む必要があるなどのデメリットもあります。

手前味噌で恐縮ですが、ヒートプルーフはこれらの問題点を解決できる新しい手法としての注目を集めました。

今後もこうした特徴をより強化、進化させて新商品の開発を続けるとともに、各種業界への浸透を図ってまいります。

      

続きを見る

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-700T】2015-06-10

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-700T】

 

800℃までの高温対象物に対して直接貼り付けすることの出来る商品です。

高温対象物貼り付けは、世界で唯一YSテックのみの技術です。

◆ 各種高温製品管理

  450~800℃程度の鉄鋼(スラブ、ビレット、ブルーム等)、アルミニウムやその他非鉄(サウ、インゴット等)の

  鋳造直後の高温対象物に対して貼り付け可能です。  

◆ 情報の付与

  市販の熱転写プリンターで必要情報(視認文字やバーコード等)を印字することが出来ます。

 

これまで耐熱チョーク等で手書きで管理されていた高温製品をバーコード管理が可能になります。

これにより高温製品の上~下工程の一貫バーコード管理が可能となります。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

PDFはこちら

続きを見る

ヒートプルーフの海外展開について2015-06-03

高温被着体へ直接貼り付けることができる耐熱ラベルとして、ヒートプルーフシリーズの拡販が始まってから、10年以上が経過いたしました。

当初北米のアルミ精錬工場での採用から始まったビジネスですが、現在はお陰様を持ちまして日本国内はもちろんのこと、世界各地で採用頂いております。

全ての製品の開発、製造は基本的にすべて日本で行い、各地へ輸出しております。

現在採用頂いている国、地域を挙げますと、北米、欧州各国、トルコ、インド、ロシア、中国、韓国、台湾と非常に多岐にわたっています。

扱う分野が超高温工程であり、市場がニッチであるために世界中に顧客を求める必要があったというのが実情ですが、

最近は海外からの直接のお引き合いも増加しており、高温工程もきっちりとID管理(バーコードやQRコード)していくというトレンドを強く感じております。

当社の規模はまだまだ小さいですが、世界中からのどのようなお引き合いにも何らかのご提案を差し上げることをモットーにしております。

皆様も耐熱工程管理にお困りの際は、是非当社にご相談下さい。

続きを見る
お問合せ・資料請求