耐熱バーコードラベル「トピックス」耐熱バーコードラベル「ヒートプルーフ」についての様々な話題をお伝えしていくブログです。

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-900】2020-05-20

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-900】

 

1000℃までの高温対象物に対して直接貼り付けすることの出来る耐熱ラベルです。

高温対象物へ直接貼り付けできる耐熱ラベルは世界で唯一YSテックのみの技術です。

◆ 各種高温製品管理

 

  450~1000℃程度の鉄鋼(スラブ、ビレット、ブルーム等)の鋳造直後の高温対象物に対して貼り付け可能です。

  これまで耐熱チョークや刻印等で手書きで管理されていた高温製品のバーコード管理が可能になります。

  これにより高温製品の上~下工程の一貫バーコード(Code39やQRコード等)管理が可能となります。

◆ 情報の付与

  市販の熱転写プリンターで必要情報(視認文字やバーコード等)を印字することが出来ます。インクリボンは1200℃の

  熱が加わっても、印字消失しない設計となっております。  

◆ 屋外耐候性

   

 屋外曝露に関しましては、対象物自身がさび錆びても耐熱ラベルHP-900は錆びないため、視認文字、バーコードの

 読み取りが可能です。写真は、ラベル貼り付け後、1年間屋外曝露後です。

◆ 再加熱後 

 次工程の再加熱で耐熱ラベルが圧延等に影響を与えないかというお問い合わせを多く頂きます。本商品は再加熱後、

 対象物とともにスケール化するため、圧延等に与える影響はほとんどないと判断頂き、ご採用頂いております。

 再加熱試験想定試験結果はこちら

 

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームからご連絡下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

 

PDFはこちら

お問合せ・資料請求