TOPICS トピックス

導入事例/高温貼付タイプ

  • 6月のイタリア出張第二報です。昨年導入された、AcciaierieVeneteでのHP-L85採用状況について確認して参りました。片面のみ塗工されたHP-L85を、熱間ブルームにスポット溶接で取り付ける手法ですが、採用から1年以上が経過した後も安定し…
  • 商品紹介ヒートプルーフラベル【HP-600】 600℃までの高温対象物に対して直接貼り付けすることの出来る商品です。高温対象物貼り付けは、世界で唯一YSテックのみの技術です。◆各種高温製品管理250~600℃程度の鉄鋼(スラブ、ビレ…
  • <新規採用事例>インド最大の鉄鋼メーカーTATAスチールの熱間管理にて、当社耐熱ラベルヒートプルーフが採用されました。ロボットを使用した自動貼り付けで、24時間365日稼働しています。ラベルは、上位から送られてきた情報をプリンタに伝えられ、必要なバー…
  • 高温ビレット管理導入事例について 某鉄鋼メーカーにおいて高温ビレット管理用に超高温耐熱バーコードラベルHP-700Tが採用されました。 導入事例はこちら <ご使用条件>対象物:鉄ビレット貼り付け時温度:約7…
  • 台湾最大の鉄鋼メーカー中国鋼鉄グループのドラゴンスチールにて、熱間ビレット管理用に新規マーキング方法としてHP-700Tの導入が決定しました。当社にとり台湾での初めての導入事例となりました。貼付時温度は最大700℃。HP-700Tの特徴である高温被着体…
  • 導入製品一次製品から二次製品に加工される段階で高温対象物への個体識別が再び必要とされるためヒートプルーフラベルの推奨機会があります。また、二次製品は量が多く、その後の熱処理やエンドユーザーにおける製品管理にもそのまま利用出来るメリットもあります。耐熱ラベル…
  • 導入製品連続鋳造設備後に切断され一次製品となる際にロット、重量、製造年月日等の個々の情報を間違いなく識別し管理する必要が出てきます。切断直後にバーコードを印刷したヒートプルーフラベルを貼り付けすることにより、ヤード管理や次工程までに個体管理をおこなうことがで…