TOPICS トピックス

耐熱バーコードラベル「ヒートプルーフ」についての様々な話題をお伝えしていきます。

  • 導入製品電解工場、再生工場で作られるアルミニウムの一次製品も製造直後の高温状態でヒートプルーフラベルを貼り付けることで、ロット、重量、製造年月日等の個々の情報を間違いなく識別し管理することが出来ます。その結果ヒューマンエラーや異材混入を防ぐことが可能に…
  • 導入製品一次製品から二次製品に加工される段階で高温対象物への個体識別が再び必要とされるためヒートプルーフラベルの推奨機会があります。また、二次製品は量が多く、その後の熱処理やエンドユーザーにおける製品管理にもそのまま利用出来るメリットもあります。耐熱ラベル…
  • 導入製品連続鋳造設備後に切断され一次製品となる際にロット、重量、製造年月日等の個々の情報を間違いなく識別し管理する必要が出てきます。切断直後にバーコードを印刷したヒートプルーフラベルを貼り付けすることにより、ヤード管理や次工程までに個体管理をおこなうことがで…
  • 導入製品ヒートプルーフタグは最高1200℃の対象物に対して、スタッド溶接・ネイルガンを用いて取り付けることが出来、さらに貼り付け後の水冷や再加熱処理等の工程に使用可能です。高温タグタイプの使用例耐熱ラベルヒートプルーフ【スタッド溶接取付】
  • 北京で開催される鉄鋼業界向け展示会「Metal+MetallurgyChina2014」にYSテックが出展します。鉄鋼業界向けの展示会ですが、対象は、鋳造材料・技術、鋳造、冶金、製鋼、工業炉、耐火材料など多岐にわたります。展示会詳細⇒…
  • 新商品情報

    新商品紹介
    2014-04-11
    <商品紹介>超耐熱インクリボンYS-4、YS-350お客様のご使用用途に応じて耐熱ラベル/タグはもちろんですが、インクリボンも併せてご提案しております。弊社のインクリボンの中で特徴的なものとしてYS-4(ワックス系)、YS-350(レジン系)がご…
  • 【国際産業フロンティアメッセ2013】に出展いたしました。期間中多くのお客様にご来場いただきました。お忙しい中、当社ブースへお立ち寄りいただいた皆様に心よりお礼申し上げます。