TOPICS トピックス

耐熱バーコードラベル「ヒートプルーフ」についての様々な話題をお伝えしていきます。

  • 2015年4月15日~18日までインドムンバイにて開催された、鉄鋼業界向け展示会「IndiaSteel2015」に出展いたしました。本展示会は第二回目ということもあり、未だ規模はそれほど大きくはありませんが、TATA、JSW、SAIL等インド主要鉄鋼メー…
  • 3月31日~4月3日上海虹橋の国家会展中にて行われた、最大の鉄鋼業界向け展示会Metal+MetallurgyChina2015へ出展し、ヒートプルーフ®の紹介を行いました。新しい会場での開催ということもあり、予想以上に多くの方がお見え…
  • 3月31日~4月3日上海虹橋の国家会展中にて行われた、最大の鉄鋼業界向け展示会Metal+MetallurgyChina2015へ出展し、ヒートプルーフ®の紹介を行いました。新しい会場での開催ということもあり、予想以上に多くの方がお見え…
  • 商品紹介ヒートプルーフラベル【HP-350N】 常温で貼り付けて600℃までの耐熱性を有する新商品です。◆各種熱処理工程管理、製品管理アルミニウムの熱処理(ホモジナイズ工程等)など600℃までの様々な製品、工程にお役立て頂いております…
  • 商品紹介ヒートプルーフラベル【HP-150N】 常温で貼り付けて350℃までの耐熱性を有する新商品です。本商品は基材にアルミニウム箔、また粘着剤に強粘タイプの粘着剤を採用しております。◆対象物をほとんど選びません!鉄鋼製品等の凹凸の…
  • 自動認識協会セミナーのご案内 この度、自動認識協会セミナーにてヒートプルーフを使用した高温工程管理につき講演させて戴くことになりました。詳細は以下の通りです。 日時3月20日16時~場所日本自動認識システム協会会議室タ…
  • 商品紹介ヒートプルーフラベル【HP-120S】 常温で貼り付けて220℃までの耐熱性を有する新商品です。耐熱性220℃というのは温度帯としては低く感じられるかもしれませんが、一般的はPET基材、紙基材のラベルでは耐えることの出来ない領域です…
  • <新規採用事例>インド最大の鉄鋼メーカーTATAスチールの熱間管理にて、当社耐熱ラベルヒートプルーフが採用されました。ロボットを使用した自動貼り付けで、24時間365日稼働しています。ラベルは、上位から送られてきた情報をプリンタに伝えられ、必要なバー…
  • <耐熱タグラインナップ> 弊社商品の耐熱ラベル/タグは日々お客様のニーズに基づく検討開発を進めております。ここでは開発試作を除く、上市した耐熱ラベルをご紹介致します。 ◆耐熱タグラインナップ一覧PDFはこちらです。&nb…
  • <耐熱ラベルラインナップ> 弊社商品の耐熱ラベル/タグは日々お客様のニーズに基づく検討開発を進めております。ここでは開発試作を除く、上市した耐熱ラベルをご紹介致します。 ◆耐熱ラベルラベルラインナップ一覧PDFはこちらです…
  • <めっき工程管理用タグ>【溶融亜鉛メッキ】鋼材の表面に亜鉛の合金層を形成することで、亜鉛の犠牲的防食作用により、鋼材の腐食を抑制する。屋外に設置される鋼構造物の防食処理として広く採用されており、身近なものとしては送電用鉄塔などが挙げられる。(Wikipe…
  • 常温で貼り付けて約900℃までの耐熱性を有する新商品です。弊社では、常温で貼付を行い1200℃までの耐熱性を有する、HP-CBRCX2という商品が存在します。セラミック、鉄鋼、金型管理など様々な業界や工程でご使用戴いておりますが、被着体の昇温スピードが…
  • 常温で貼り付けて約900℃までの耐熱性を有する新商品耐熱バーコードラベルHP-800Aが鉄鋼ビレットの熱処理工程管理に採用頂きました。 耐熱バーコードラベルをビレットに貼って頂くことにより、個別ID管理ができ、これまで出来なかった熱処理前後の…
  • ◆理化学器具の熱処理管理について 理化学実験用るつぼ、試験管やガラス、アルミ製器具の熱処理工程管理で超耐熱バーコードラベルHP-CBRCX6が採用されました。 るつぼは物質の溶融・合成を行う際に1,000℃以上で熱処理されること…
  • <月刊自動認識11月号への寄稿>日本工業出版より11月4日に発売される、「月刊自動認識11月号」へ寄稿しております。タイトルは「耐熱ラベルを用いた、熱間高温工程管理への新提案」です。最近は、原料から製品までトレーサビリィティーが厳しく要求されます。高…