TOPICS トピックス

耐熱バーコードラベル「ヒートプルーフ」についての様々な話題をお伝えしていきます。

  • 6月のイタリア出張第二報です。昨年導入された、AcciaierieVeneteでのHP-L85採用状況について確認して参りました。片面のみ塗工されたHP-L85を、熱間ブルームにスポット溶接で取り付ける手法ですが、採用から1年以上が経過した後も安定し…
  • 6月にイタリアへ出張し、現地でのHEATPROOF検討、採用状況について確認して参りました。イタリアにも数多くの鉄鋼、特殊鋼メーカーが存在し、ID管理需要の高まりに応じて、HEATPROOFの採用も広がってきております。詳細は以下の通りです。(ケース1)…
  • 製品紹介耐熱ラベル【HP-122】常温で貼り付けて220℃の環境下でご使用可能な耐熱ラベルの新製品です。耐熱性220℃というのは温度帯としては低く感じられるかもしれませんが、一般的はPET基材、紙基材のラベルでは耐えることの出来ない領域です。この温度…
  • 【新商品紹介】浸炭熱処理管理用タグHP--P2 様々な金属製品の製造工程において熱処理工程が存在する。当社では、ヒートプルーフ®を用いて、こうした熱処理工程をIDコード(バーコードやQRコード)で管理する方法を提案している。しかし…
  • インドの鉄鋼業界も、世界の潮流には抗えず、非常に厳しい時期を迎えています。しかしながら、旺盛な国内需要に支えられた経済成長により、他地域に比較すると安定的な状況です。YSテックでは鉄鋼製品を鋳造直後の高温時からバーコードで管理できるという手法を提案し続けてお…
  • 銅チューブ熱処理管理用バーコードラベル トルコの大手銅製造会社にて、チューブの熱処理工程管理用にHP-350Nが採用されます。熱処理条件は560℃×72分、雰囲気は無酸素下です。熱処理後もラベルには全くダメージがなく、バーコード管…
  • 【鍛造品の熱間管理及び熱処理管理】 国内鍛造品製造会社にて、製造途中の熱間鍛造品管理並びに熱処理工程管理で採用頂きました。耐熱タグHP-L90(耐熱性1,200℃)のネイルガン取り付け方式によるQRコードでのバーコード管理です。耐熱タグ取り付…
  • 新商品導入情報HP-L85 イタリアの鉄鋼メーカーAcciaierieVeneteにて熱間のブルームにHEATPROOFタグの自動取付が開始されました。適用されるタグはHP-L85になります。HP-L85は当社耐熱タグHP-L80の派生品…
  • 韓国大手製鉄会社特殊鋼工場でのHP-L80導入 韓国大手製鉄会社の新設特殊鋼工場内で、熱間ブルームへのHP-L80取付が導入されます。タグの取付は、HILTIガンを搭載した自動ネイリングマシーンにて行われます。本工場で製造される特殊鋼は、自…
  • 商品紹介ヒートプルーフラベル【HP-PC10】 昨今環境問題が取り沙汰され、塗装方法も有機溶剤を使用する溶剤型から環境に配慮した粉体型へ移行しております。ただ、粉体塗装は溶剤塗装と比べ、塗装後成膜させるため高い温度(約250℃程度)で焼き…
  • 商品紹介ヒートプルーフラベル【HP-360】 常温~400℃で貼り付けて約600℃までの耐熱性を有する新商品です。 同様の温度帯をカバーする商品としてHP-350Nがございますが、HP-350Nと比較して、高温域(500℃以上)…
  • 商品紹介ヒートプルーフラベル【HP-800C】 常温で貼り付けて約900℃までの耐熱性を有する新商品です。熱処理後も高い付着を有する設計になっておりますので、鉄鋼製品をはじめ、金属鋳造品や強化ガラスの製造工程など、様々な熱処理工程における個…
  • 強化ガラスを製造する際には、通常以下の2種類の方法があります。①イオン交換法:ガラス中のNa(ナトリウム)とK(カリウム)のイオン交換を行うことで強化する方法②風冷強化法:ガラスを650~700℃まで加熱し、空気で急激に冷やすことで強化する方法 …
  • 商品紹介ヒートプルーフラベル【HP-160】 常温で貼り付けて300℃までの耐熱性を有する新商品です。本商品は基材にアルミニウム箔、また粘着剤に強粘タイプの粘着剤を採用しております。初期付着力は弊社商品の中でも最も高く、様々な対象物へ貼り付…
  • 昨年TATAJamshedpurHSMラインの導入されて後、インド国内の大手鉄鋼メーカーからヒートプルーフを使用したソリューションに注目が集まっています。ホットコイルに熱間でラベルを貼り付けることで、多くのメリットが得られることに理解を戴いています。◆…